読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウーパールーパーの感想文

エンターテイメントを考えてみる

スポンサーリンク


星やどりの声 朝井リョウ 感想 死してなお残る愛情の物語

小説

心が洗われる

優しく暖かい感動の物語

 

 

あらすじ(Amazonより引用)

  

星になったお父さんが残してくれたもの―喫茶店、ビーフシチュー、星型の天窓、絆、葛藤―そして奇跡。東京ではない海の見える町。三男三女母ひとりの早坂家は、純喫茶「星やどり」を営んでいた。家族それぞれが、悩みや葛藤を抱えながらも、母の作るビーフシチューのやさしい香りに包まれた、おだやかな毎日を過ごしていたが…。

 

 

感想

 

素敵な家族の物語。

6人兄弟のそれぞれの悩み、葛藤が見事に描き出されている。

この彼らの成長していく心が眩しい。

どんな行動も、誰よりも何よりも家族を思いやっている。

そんな姿に感動を覚える。

 

そんな彼らを愛した父親。

もうすでに亡くなっている。

彼の思いを軸にこの物語は進んでいく。

思い出はいつでも暖かい。

勇気と希望を与えてくれる。

そんな父から託された母の思いにも感動を覚える。

 

そんな家族が出した結論は、決して明るいものではない。

前に進むことは怖いことだ。

振り返ってみると、寂しい。

ただ「星やどり」の意味がわかれば、非常に清々しい。

 

キラキラした文章。

繊細な感情表現。

一つ一つが美しい。

心が暖かくなる素敵な一冊だ。

 

 

名言

 

・自分が何になりたいかとか、 何に向いているかとか、 わかんねえよな。

どこに就職することになったって、 いまと同じくらい 不安なんだよ、きっと。

 

・大人になる瞬間なんて、ないんだよ。

 

 

星やどりの声 (角川文庫)

星やどりの声 (角川文庫)

 

 

星やどりの声 (角川文庫)

星やどりの声 (角川文庫)

 

 

こちらもどうぞ

 

axolotl1990.hatenablog.com

 

 

axolotl1990.hatenablog.com

スポンサーリンク