読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウーパールーパーの感想文

エンターテイメントを考えてみる

スポンサーリンク


チア男子!! 朝井リョウ 感想 王道爽やかスポーツ小説

小説

ベタな青春物語

小細工なしの王道

 

 

あらすじ(Amazonより引用)

 

大学1年生の晴希は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた。だが、負けなしの姉と比べて自分の限界を悟っていた晴希は、怪我をきっかけに柔道部を退部する。同時期に部をやめた幼なじみの一馬に誘われ、大学チア初の男子チームを結成することになるが、集まってきたのは個性的すぎるメンバーで…。チアリーディングに青春をかける男子たちの、笑いと汗と涙の感動ストーリー。

 

 

感想

 

読書後が圧倒的、爽やかで心地いい。

学生の頃のひたむきに熱い気持ちを思い出した。

色々悩んで、ぶつかって、乗り越える。

王道中の王道だが、やはり気持ちがいい。

 

チアリーディングという、スポーツを通して描かれた今作だが、友情を描くには面白い題材だ。

チームワークが大切なこの競技から、友情が生まれていく。

チアリーディングに関しての知識がなかったが、わからなくても楽に読み進めることができる。

映像にしてもらえたらもっと面白いだろう。

 

ただ、朝井リョウさんが描く心は、いつでもリアルだ。

自分をごまかす描写には、自分を見透かされた気持ちになる。

学生特有の悩み、葛藤を思い出し恥ずかしくなる。

 

クライマックスでは、読んでいてもハラハラする。

そして、全員の本音が、汚いものから、美しく綺麗な感情に変わっていくシーン、涙がこぼれる。

 

美しくて、優しくて、強い物語。

是非、一読を。

 

 

名言

 

・壊したい、今までの自分も、自分の取り巻いてるものも。

 

・頑張れよ、という言葉がエンジンになる。

 

・【人は苦悩を突き抜けて、歓喜を勝ち得る】

 

 

チア男子! ! (集英社文庫)

チア男子! ! (集英社文庫)

 

 

チア男子!! (集英社文庫)

チア男子!! (集英社文庫)

 

 

 

こちらもどうぞ

 

axolotl1990.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク