ウーパールーパーの感想文

エンターテイメントを考えてみる

スポンサーリンク


カラスの親指 by rule of CROW’s thumb 道尾秀介 感想 天才は悟られない

作者に素直に「参りました」

とんでもなく気持ちいい読後の余韻

 

 

あらすじ(Amazonより引用 )

 

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

 

 

感想

 

大きな優しい嘘の物語。

 

気持ちよく読者を騙してくれる。

巧みなミスリードと、伏線の回収。

そして、予想すらつかない結末。

 

登場人物たちの個性的なキャラクターが、この物語を彩る。

軽快な会話や行動には、わくわくさせられ、ページをめくる指が止められない。

 

詐欺は、相手が騙されたことに気付かないことが完璧。

マジックは、騙されたことに気付かないと意味がない。

気持ちよく作者にに詐欺られた。

 

暗い過去は変えられない。

それなら過去を騙してみろ。

そして、前を向いていこう。

 

再生がテーマの、痛快で爽やかな物語。

またいつか読みたくなるのだろう。

これぞエンターテイメント。

 

ちなみに映画化もされている。

 

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

 

 

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

 

 

こちらもどうぞ

 

axolotl1990.hatenablog.com

 

axolotl1990.hatenablog.com

スポンサーリンク