読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウーパールーパーの感想文

エンターテイメントを考えてみる

スポンサーリンク


カープの最終戦によって崩れた僕の日常

ネタ

残念な結果に終わった今年のカープ。

想像以上のダメージを受けた最終戦だった。

仕事も手につかない(平常運転)。

ブログも書けない。

 

そんなカープファンの一人の最終戦の前後の日々について語ろうと思う。

 

10/4(日)

阪神戦。黒田の好投が光り、6-0で勝利。

10/7の中日戦に勝てば、CS出場が決まる。

正直、この時点でCS出場は決まりだと思った。

いい気持ちでお酒を飲んで眠る。

 

10/5(月)

自分の仕事も休み。

リア充気取って、映画館デートをする。

その後の会話の中心はもちろんカープ。

「広島に住んでてカープの話ができないのは罪だよ。」と偉そうにカープを語る。

その後、お礼のラインを送るも返信なし。

語りすぎて引かれたのか、、、

ブログも更新できず、落ち込みながら眠る。

 

10/6(火)

朝起きても、返信がない。

非常に落ち込みつつ会社に出社。

会社でひたすらカープの情報を集める。

友人からカープ鳥(居酒屋)の予約が取れたとの連絡があり、おごることを決意。

ちなみに先日の女性にはおごらない。

そういう主義でね。

一日が終わるも、返信がなくブログを更新する元気も湧かず、眠る。

 

10/7(水) 

やっぱり返信がなく、落ち込みながら出社。

返事がないこと、カープの最終戦が行われることもあり、仕事どころではない。

時間との戦いが辛かった。

そして、仕事を終えカープ鳥へ。

カープ鳥で、運命の試合が始まる。

山本昌の引退試合。

いままでお疲れさまという余裕を持った気持ちで見送る。

しかし一向に動かない試合。

そして終盤に入り、ピッチャー大瀬良。

嫌な予感がした。

先日のデートで、大瀬良は明らかに疲れているので投げさせてはダメだと、偉そうに語っていた。

現実のものになるなと強く願う。

やっぱり打たれた。

そこでデートした女性からラインが入る。

「采配当たったね(笑)」と。

僕は怒った。

(笑)に。

笑いごとではない。

これは広島県人として許されざる行為だ。

しかし「すごいでしょ」と冷静に返す。

女性には敵わない。

そして試合に負ける。

泣いた。

大瀬良の3倍は泣いたと思う。

周りの客ドン引き。

そんな自分に対してもドン引き。

落ち込み帰宅。

ブログも更新できず就寝。

 

10/8(木)

出社していきなり目が腫れてるとからかわれる。

逆に今日、目を腫らしてないなんて、なんて奴らだ。

先輩、同僚に失望する。

カープの敗戦のショックと相まって、ブログに手もつけず、就寝。

 

10/9(金)

ようやく現実が見えてくる。

デートした女性は脈がなさそうだ。

ちょっと吹っ切れたところにラインが入る。

「来年はカープに一緒にいこうね」と。

ウキウキ気分になり、仕事をバリバリこなす。

しかし、「今年ダメだったから来年は、、、」と何故か断るような返事をしてしまう。

自分の行動が理解できず落ち込み、眠る。

 

10/10(土)

返事がない。

これは終わったな。

CSが始まる。

カープが出ていない現実に打ちひしがれる。

またもブログに手がつかず、就寝。

 

10/11(日)

全てがどうでもよくなる。

ブログの世界に逃げ込もう。

明日から本気だす。

1人酒を楽しみ就寝。

 

こうやってみるとカープの与える影響はすごい。

来年こそは頑張れカープ!頑張れ俺!

 

カープ魂 優勝するために必要なこと (光文社新書)

カープ魂 優勝するために必要なこと (光文社新書)

 

 

精神科医が語る熱狂の広島カープ論

精神科医が語る熱狂の広島カープ論

 

 

 

こちらもどうぞ 

axolotl1990.hatenablog.com

スポンサーリンク