読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウーパールーパーの感想文

エンターテイメントを考えてみる

スポンサーリンク


明日から、仕事… 社会にあけおめ!

仕事=金=生活

 

ゆるぎない事実だ。

生活のための経済活動。

 

間違っていない。

ただ、言おう。

面倒だ。

この上なく面倒だ。

 

生活をしなければならないから、働かなければならない。

 

「ならない」に何の楽しみを持って いけるのだろう。

 

幸いなことに、生きることだけに、必死な世の中ではない。

上の世代の方々には、敬意を抱いてる。

こんな立派な社会を作って頂けた。

職業の選択も、ライフスタイルも、自由な社会になっている。

 

ただ、こんな社会のせいで、何を選んで、何をすべきかが、わからなくなっている。

今の仕事、今の暮らし。

すべてが自分で選んだ結果で、責任を取らなけらばいけない。

 

「自分の長所を生かして」

「自分の好きなことを」

なんて、無責任で都合のいい言葉を並べられ、否定せず、大人にならされて。

今まで、責任を負わず、否定されず、大人になってしまった自分。

 

人間は、教育や環境が作る。

何がしたいか、何になりたいか分からない自分を作った、親や社会が悪いのは分からない。

ただそれだけの責任にしてしまうには、心苦しく、申し訳ない。

そんな自分は、自分を棚に上げて、他人の欠点やずれを見たときに、無責任に、他人の親や教育を疑ってしまう。

 

例えば、公共の場で子どもを静かにさせない親。

そんな子どもや、親に対してネガティブな感情を抱いてしまう。

「ダメなものはダメ」

そんな正論は、社会と立場の前では無意味だ。

客とスタッフの立場では何も役が立たない。

 

正論が正論でなくなる瞬間。

なんとも寂しい気分になるが、これ仕事だ。

 

仕事になってしまえば、すべて仕方がない。

自分が何を感じて、相手が何を感じたか。

全て「仕方がない」。

お金のためには、我慢しなさい。

人は人、自分は自分。

 

仕方がないが蔓延した社会で、感情を押し殺しながら、働く意味って何なんだろう。

お金以上に大切な人間の感情や倫理観ってどこに行ってしまったのだろう。

普通が普通でなくなっていくこの社会で、会社にとっての普通に従って、やっていかなければならないのであろうか。

 

「ならない」

 この言葉に、一体どんな楽しみを求めて働こうか。

 

ただ、とりあえず明日から仕事だ。

面倒臭いけど、うだうだ言わずに、頑張って、楽しいを求めて働いてみよう。

 

社会様と会社様。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

 

axolotl1990.hatenablog.com

 

スポンサーリンク